晴れの国長寿文化協会

長寿文化を育む晴れの国、個性輝く豊かな社会づくり

長寿文化を育む晴れの国、個性輝く豊かな社会づくり

日本は世界をリードする長寿国、岡山県は年間日照時間全国第1位と温暖な気候や自然環境に恵まれている。 古には吉備の国が栄え古代吉備文化の発祥と桃太郎伝説をはじめ豊かな生活文化が生まれ育ってきた。21世紀を迎え社会構造は大きく変化している。 中でも先の大戦前後に生を受け、激変の時代を生き抜いた様々な人生は貴重な生活文化であり、これを「長寿文化」として次世代へ伝承したい。 そして、今も昔も「文化を育む、晴れの国」である岡山から、個性輝く豊かな社会づくりを発進していきたい。

 

主な事業と「長寿文化祭」の開催概要

主な事業と「長寿文化祭」の開催概要

2012年11月 第1回長寿文化祭

(2012年11月 第1回長寿文化祭)

第1部:岡山県高齢者主張大会
第2部:生きがい活動発表
子育て広場参加で三世代交流。
その他:川柳・書道
絵画等趣味の作品展
手芸品・書籍販売及び
お茶席等
第3部:和服リフォーム
ファッションショー
 

1、「私の主張」文集の出版

あなたの豊かな人生経験や体験に基づく提言は次世代への貴重なメッセージとなる。
文集は、国立国会図書館他県下図書館に配布、保存される。

1999年から始めた文集

1999年から始めた文集

2、岡山県高齢者主張大会の開催

文集に応募された中から優秀作品の発表
を行う、同大会は、毎年11月3日文化の日に行われ、輝く高齢者の姿が紹介され、健康寿命延伸にも貢献している。

2012年 第14回岡山県高齢者主張大会受賞者

2012年 第14回大会受賞者

3、「再生文化」の取組み

「もったいない」再生文化を服装に表現する、和服リフォーム講座とファッションショー開催。

1999年から始めた文集

4、「自分史づくり」の取組み 

かけがえのない自分の歴史を綴ろう。中でも、昭和という激動の時代を生きた体験、
経験は貴重な記録です。
自分史制作講座や合同自分史「庶民の昭和史」シリーズの出版も行う。

(既刊の庶民の昭和史シリーズ)

(既刊の庶民の昭和史シリーズ)

長寿文化協会顧問団

顧問 井久保伊登子(医師・エッセイスト)
顧問 仁木  壮(社会福祉法人旭川荘副理事長)
顧問 柳生 尚志(岡山県エッセイストクラブ会長)
顧問 谷本 保夫(元RSK報道制作局長)
顧問 坂本 素子(短歌の会「龍」代表)
顧問 小山 博子(女人随筆メンバー)
代表理事 河田 幸男(岡山県高齢者福祉生活協同組合理事長)

 

「私の主張」応募概要

以下は、例年行われる「私の主張」応募の概要です。
詳しくは年度始発表の応募要項をご確認ください。

1.形式提言、主張、意見、エッセー等、形式自由字数1,600字程度で誰でも応募可。
2.テーマ@高齢者としての私の生き方
A地域社会と私
B私が生きてきた歴史
C私の健康づくり(運動・食生活)
D戦時体験、その他自由
3.投稿料 1,000円(会員無料)
4.入賞・最優秀賞1点(おかやま県民文化祭実行委員長賞)
・優秀賞 数点(晴れの国長寿文化協会長賞)

※入賞者は、岡山県高齢者主張大会で発表していただきます。
※長寿文化祭へ出演や出展参加希望がある場合は事前に事務局へお問い合わせください。

 

協会へのご入会は

新しい社会を支える「長寿文化」を育てるため、みなさんのご支援をお願いします。
ご入会は、年会費のお振込をもって、確認させていただきます。

・個人会員  3,000円
・法人会員  10,000円

郵便振替口座番号:01370-3-99725
加入者名:一般社団法人晴れの国長寿文化協会
(加入者負担振替用紙をご利用ください。)